読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Incomparable H

海外暮らし あしかけ22年

金婚式とアイパッド・ミニ

昨日は朝6時に家を出て、母親と羽田までクレアを見送りに行き、その帰りに浜松町から東京タワーまで二人でそぞろ歩きをしました。つづいて神谷町から地下鉄に乗って池袋に戻り、すし屋の『美登利』で昼食をとってから、家に帰りました。長い一日でした。

 

しかし父親が医者か競輪場にいくときは、母親はお昼の準備をしなくて良いので外出しやすい気分になるようです。折よく、外は小春日和。

 

ということで、今日は二人で自転車に乗って近場を散策することにしました。昼前に家を出発して、春先に母親が手術・入院をした病院まで行き、そこから中学生のときに通っていた英語塾の先生の家の方まで足を延ばし、もうすぐ廃校になるという近くの高校や、母親の参加している卓球クラブが使う公民館をふたつほど見て回りました。途中で、まだ新しいはずの自転車のカギが不調になり、カギがかからず、どこかで昼食を食べるわけにもいかなくなり、家に戻ることにしました。

 

コンヴィニで買ってきたオニギリなどで食事をしながら、今朝に届いたばかりのアイパッド・ミニの初期調整を済ませて、「これは金婚式のお祝い」といって母親に手渡したら、声を震わせて喜んでいました。僕が2013年に賞をいただいた折にプレゼントした最初の一台は四年たった今、バッテリーの調子が悪くなり、ほかにも頻繁にエラー・メッセージが出るので、替えどきとなっていました。

 

携帯電話も使ったことのない機械音痴の母親で、庭の草花の写真をとったり、海外にいる僕と毎日5分ほど話をすることくらいにしかアイパッド・ミニは使わないのですが、「慣れてくると、これがないと不安になる」と漏らしているので、とても良いチョイスだったと思います。