Incomparable H

海外暮らし あしかけ22年

知的退廃

週末です。

 

この数か月のあいだ僕がここで言いたかったことを、以下の記事はうまく説明してくれています。つまり、蓄積された国内のフラストレーションがナショナリズムに向かってしまっていて、社会全体の右傾化という言葉で表現されていますが、それが危険水域に入ってきています。政治家は、有望な未来の地図が描けていません。日本の国際的な評価が明らかに落ちてきています。その大きな原因のひとつは知的退廃であり、知識人・文化人にも大きな責任があるというものです。

http://diamond.jp/articles/-/48949

僕はここに大手メディアの役割も加えたいと思います。どう考えても、今の政府のやっているメディアのコントロールは、イタリアのベルルスコーニ政権がやっていたことに似ていて、民主主義の鉄則からは外れるものです。イタリアには、弱小ながらも最後にはこの問題から脱する力となった良心が残っていました。