Incomparable H

海外暮らし あしかけ22年

ブルー

今日は、昼にクレアのお父さんとパワー・ランチがあります。街中にある Del Frisco's というステーキ・ハウスに行きます。> 注文の仕方を間違えて、本来なら「ミディアム・レア」といわなければいけないところ、単純に「レア」といっていしまったので、中は冷たい生肉の状態のステーキが出てきてしまいました。これはきっとフランス語でいうところのアダム君が好きな「ブルー」という焼き方です。僕には、ちょっとキツイものがありました。せっかくの高いステーキ・ハウスだったのに残念です。


なぜか Del Frisco's でかかっている音楽は70年代ソウル・ミュージックでした。なかでも、印象的だったのは Jackson 5 の "Never Can Say Goodbye" です。僕は彼らのレパートリーのなかでは、このシルキーな曲が一番好きかも知れません。このクリップは、なんとロング・ヴァージョンです!