読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Incomparable H

海外暮らし あしかけ22年

スシ・キャピトル

フォルジャー・シェイクスピア研究所のすぐ近くにある『スシ・キャピトル』を試してみました。カウンター席に座ったのですが、気さくな店長さんで、気持ちの良いお店です。純和風というよりも、現代アメリカ風。ホール係も丁寧です。

f:id:Freitag:20170423013718j:image

お刺身スペシャル(26ドル)

 

f:id:Freitag:20170421184528j:plain

スシ・スペシャル(24)

 

f:id:Freitag:20170423012749j:plain

バラクーダの炙り(12)とメイン州産のウニ(14)

 

f:id:Freitag:20170423013836j:image

締めとして、オススメのスペイン産の大トロ(16)

 

素晴らしかったです。東海岸では一番気に入りました。

 

DC

ワシントン生活も2週間が過ぎました。いままで住んだ町のなかでは、一番気にいっているかも知れません。

f:id:Freitag:20170420103912j:image

f:id:Freitag:20170420103534j:image

 

f:id:Freitag:20170420103550j:image

f:id:Freitag:20170420103941j:imagef:id:Freitag:20170420103819j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

渡米

成田では、片道の航空券での搭乗手続きも、アトランタでの入国審査も思ったよりもスムーズにいきました。良かったです。

記念切手

子供のころに集めていた記念切手のコレクションを手放そうとしています。以前に持ちこんだ地元の業者では、換金率は表示金額の6割でした。今日は意を決して銀座にある業者に持っていったら、定価の9割で引きとってもらえました。しかも、6割みたいな業者のところに行ってはダメだと親身に「叱られ」ました。そういう業者たちも、この銀座の店に転売するために持ってくるのだそうです。

背中

ペンキ塗りをしているときにハシゴから転落して、水道の蛇口で背中を強打したのですが、それから1週間ほどは難なく過ごすことができました。今日になってから、クシャミをすると背中がキョーレツに痛く感じられます。なんなのでしょう、これは?!

 

どうにも辛抱できなくなって、夕方に近所の整形外科にいってきました。診断によると、骨には異常なしですが、おそらく筋膜炎だろうということです。痛み止めの湿布と塗り薬を2週間分、そして胴体に巻く簡易コルセットのようなものを処方されました。

七福神めぐり

カワゴエの七福神めぐりをしました。すでに2カ所をまわったところで弱音が出ていたのですが、途中で座って甘酒を飲んだ以外は、ほとんど休みなしに歩き抜きました。最後の方は、ほぼ無言で歩いていましたね。

 

 

転落

1年半前に水性のペンキを塗った実家の風呂場を、今度は油性ペンキで塗ることにしました。それなりに換気はしていたのですが、狭い空間のためどうも有機溶剤(シンナー系)によって中毒っぽくなったのか、ちょっとフラフラ気味で気を許したすきに、ハシゴからスロー・モーションで転落して水道の蛇口で背中を強打しました。最初は声も出なかったのですが、さいわい骨には異常がないようです。ただし、ひざ下もちょっと捻ったせいで歩くのも少し辛いです。いまはロキソニンを飲んで安静にしています。明日になるともっと痛くなるのかも知れません。トホホ。