Incomparable H

海外暮らし あしかけ25年

コロナ その24

いったんは終息に向かうかと思われたコロナ禍ですが、気を緩めたところでまた息を吹きかえしてしまいました。それはアメリカも東京も似たような状況です。この図は、現在のところ入ると危険だとアメリカ軍が指定している地域だそうです。まあ、これが現実ではないでしょうか?

 

f:id:Freitag:20200703204650j:plain

 

コロナ その22

これもマードック氏によるデータ解析で、死亡者の推移をあらわしています。イタリアとスペインは明らかに下降傾向に入りましたね。新しい要素として、日本がグラフに追加されました。最初のカーヴをみると、欧米とそれほど変わらないカタチをしています。今後どのように変化していくのか観察しましょう。

 

f:id:Freitag:20200410004007j:plain

 

コロナ その21

ながいトンネルを抜け、ようやくイタリアは天井を打って、減少の傾向に転じたようです。これが本当なら、良い知らせではないでしょうか?

 

f:id:Freitag:20200403093146j:plain


 

https://twitter.com/jburnmurdoch/status/1245822180694212609

コロナ その19

今回の危機は地球上どこも一緒だと思いますが、日本、ヨーロッパ、アメリカと長く暮らしてきて、危機対応から受けるアメリカの安心感はだいぶ違うなと思います。あくまで、まだまだ観察中ですが。

 

200兆円を超える緊急予算が可決されそうだと。1人あたり12万円くらいの現金給付になるようですが、ウチは2人世帯なので26万円ということです。いつくるかまだ分かりませんが、それほど遠くない時期だと想像されます。こういう言葉を聞くだけでも、危機を前にした気持ちは違いますよね。

コロナ その18

僕は仕事柄、イタリア人の友人や同僚が大勢いるのですが、1日に700人もの人々が他界する状況は近年なかったことだと思うので、知り合いのなかで誰かが被害にあうのではないかと心底心配しています。

 

【後記】翌日のテレヴィでは、つぎはニューヨークがイタリアのようになると警告しています。予想される重症患者の数に対して、人工呼吸器の数があきらかに足りないようです。医療関係者の感染者も多く、もう検査している暇はないくらいの段階にきていると。

 

news.sky.com